良くあるご質問

既に同様の案件紹介会社に登録してしまっているのですが、コンサルネットに登録可能ですか?
フリーランス/独立コンサルタントのみなさんにとって、より多くの営業チャネルを持つことが大切であることは理解しておりますので、既に同様の会社に登録済みであっても、コンサルネットの契約コンサルタント登録をしていただくことは問題ありません。
どのようなクライアントの案件が多いのでしょうか?
クライアントは順次拡大のための営業活動を行っておりますが、現時点で最も多いクライアント/案件は、コンサルネットの運営会社であるエム・アイ・パートナーズのコンサルティング案件(戦略策定、新規事業/サービス開発、PMOなど)、および大手コンサルティングファームからの依頼による案件が中心となっています。
案件は必ず紹介してもらえるのでしょうか?
募集案件は、契約コンサルタント登録いただいたみなさんにメーリングリスト形式でご紹介しております。もし、希望条件に合致する案件があった場合には、コンサルネットにご連絡いただいた上で、選定プロセスを進めさせていただいております。ただし、クライアントからのニーズに応じた募集/マッチングとなっておりますので、残念ながら全てのみなさんの希望条件に合致する案件をご紹介できないこともございますので、その点はご了承ください。
どのような条件の案件が多いのでしょうか?
参画に当たっての期間、参画割合、参画形態などは、案件後毎に様々なものがあります。また、交渉の余地がある場合には、契約コンサルタントのみなさんの希望条件を前提にコンサルネットがクライアント側と調整することもあります。なお、現時点で最も多い条件は、3~6か月、常駐型、参画割合80~100%、コンサルティングファーム(またはそれに準ずる事業会社)経験のある30歳前後~40歳前半というプロファイルが多いです。
既婚女性で、フルタイム稼働が難しいのですが、契約コンサルタント登録可能ですか?
女性の活用は社会的テーマであり、コンサルネットとしても今後注力していきたい分野と考えています。コンサルティングファームやこれに準ずる事業会社のご出身であれば、ご希望条件次第ではありますが、案件のご紹介は可能ですので、是非とも契約コンサルタントとしてご登録ください。
地方や海外などのプロジェクトもありますか?
案件数としては都内の案件が圧倒的に多いのが現状ですが、地方や海外のアサイン案件の依頼を受けることもあります。なお、都内在住の契約コンサルタントのみなさんが、地方や海外アサインとなるケースでは、出張、滞在旅費などは、実費精算(クラライアントに請求)で対応するようにしております。
商流や契約形態はどのようになるのでしょうか?
コンサルネットの運営会社であるエム・アイ・パートナーズの案件の場合には、契約コンサルタントの方々との業務委託契約、コンサルファームなどが元受案件場合には、エム・アイ・パートナーズが業務委託契約を締結した上で、契約コンサルタントの方々とは再委託での業務委託契約を締結いたします。さらに、業務請負契約か、準委任契約かは、成果物コミット型の案件か、社員代替/アドバイザー型の案件かといった業務特性により区分しております。(現時点では、準委任契約が大半を占めております)
自分(自社)でコンサルティング以外の事業も行っているのですが、両立は可能ですか?
自分自身(自社)の事業を運営しながら、コンサルティング案件に参画している方も大勢います。ただし、自社事業に割く割合とコンサルティング案件への参画割合とのバランス/両立が課題となりますので、案件紹介を受けて応募する段階でご相談下さい。
プロジェクトにおいて、何か困ったことや課題が生じた場合にはサポートしてくれますか?
クライアントに対して価値の高い成果を出すことが使命だと考えておりますので、契約コンサルタントの方々が何らかの課題・問題点に直面した場合には、契約コンサルタントの方と共に、その解決に向けた万全のバックアップを実施してまいります。
契約コンサルタント登録をすると、何か義務や制約のようなものは生じますか?
コンサルネットに登録いただいたみなさんに対する特別な義務や制約は設けておりません。ただし、適切なタイミングで適切な案件紹介をさせていただくためにも、ご自身のアサインメント/アベーラビリティーの状況のご連絡は、定期的に実施いただくことをお願いしております。(メールにてご案内いたします)